健康な足を維持していこう

足が疲れる原因

血行が悪い事が原因

身体が健康な人でも、足がだるく感じたり、重く感じたり、とてつもない疲れを感じる事もあるでしょう。それらには、「血行の悪さ」というものがあります。血行が悪いと、どうしても足が疲れやすくなってしまいます。足の疲れを解消したい場合には、必ず足の血液の循環を良くしておくという事が必要です。

 

血液の流れが良ければ、それだけで足の疲れがとれていく事があります。特にリンパの流れが非常に大事です。足にもリンパ腺が通っています。そのリンパの部分を刺激する事によって、血液の流れがとても良くなるのです。

 

足の疲れとむくみが気になる女性

 

血液の流れが悪くなる原因

過度にきつい靴をはいていたり、長時間たちっぱなしで作業をしていたり、静止しているというだけでも、足の血行は悪くなっていき、足が疲れやすくなったり、重く感じてしまう事があります。仕事柄立ち仕事する事が多い人などは要注意です。

 

特に女性は、高いヒールなどをはいて立ち仕事(接客など)する方もいますので、特に血液の流れが悪くなってしまいがちです。できるだけヒールではなく、足に負担がかからないような靴を選んで作業をしたり、長時間立ちっぱなしの時には、足首をぐるぐる回してみたり、休憩中にマッサージするなどして、適度に足の筋肉をほぐすという事が求められます。

 

また、パソコン業務の多い人も、座りっぱなしの姿勢から、足の血行が悪くなってしまう事があります。これも血液の流れが悪くなってしまう原因になるものですので、きちんと気を付けておかなければいけません。